フェイス脱毛で大阪といえば

フェイス脱毛で大阪といえば

フェイス脱毛を大阪で・・・といえば、1位はミュゼ、2位はディオーネ、3位ラココと出てきました。大阪だから東京とあまりかわらないのですね。

 

やはりフェイス脱毛でも店舗数の多いミュゼプラチナムが1位で次に知名度のあるディオーネとあまり大阪と東京では事情がかわらないのですね。
土地代が変わるので、施術代も変わるのかと思ったのですが、施術代は、東京も大阪も同じメニュー金額のようです。

 

脇や膝下など人目につきやすくて毛が濃くて太い場所は、美容外科クリニックのレーザー脱毛やエステサロンのフラッシュ脱毛にはとても向いてます。
これらの脱毛方法では、毛根の黒いメラニン色素に反応して高温で毛根を破壊するからです。

 

しかし顔の脱毛となると同じような効果が出ない場合がほとんどです。だから、フェイス脱毛をするサロンやクリニック選びは慎重にしましょう。
あなたが顔脱毛したい部分の毛はほとんど産毛ですよね?

 

産毛は色も薄いですし、細いのでレーザーやフラッシュ脱毛の光はあまり効果がありません。

 

さらにシミやほくろの黒色にはしっかりと反応するので、間違って光を当ててしまうと思わぬ肌トラブルを引き起こしかねません。
顔脱毛に効果があるエステの脱毛には、ミュゼが採用しているS.S.C式脱毛、ハイパースキン脱毛、比較的新しい蓄熱式のSHR脱毛などです。

 

これらのフェイス脱毛では、顔の細い産毛にもちゃんとアプローチできて、しかもお肌に優しく痛みも少ないという共通した特徴があります。

 

まず、S.S.C式脱毛ですが、SSCはスムーススキンコントロールの略で、お肌に優しく刺激を感じない方法です。

 

エステ脱毛で一般的なフラッシュ脱毛はキセノンランプを使いますが、S.S.C式ではクリプトンライトという光で皮膚組織を痛める心配がありません。

 

ハイパースキン脱毛はもうかなりのサロンで採用されつつありますが、毛が生えるサイクルの約3ヶ月ある「休止期」に特殊な光を照射して発毛因子を減少させる方法です。

 

発毛因子(毛の種)のみを狙うやり方なので、生えた後の毛の太さや色には全く関係なく産毛であろうと白髪であろうと効果があります。

 

レーザー脱毛などで毛根を破壊する際には70〜80度にもなる熱が必要ですが、ハイパースキン脱毛では発毛因子を処理するのに37〜38度の熱しか出ません。
高熱が出ないので大切な顔が火傷になる心配はありませんし、施術後に皮膚が赤く腫れたり、肌トラブルを起したりする可能性も極めて低いのです。

 

さらにこの脱毛で使用する特殊な光線はコラーゲンを活性化させ、トリートメント効果もあるので脱毛しながら毛穴が目立たなくなり、キメが整うなどの嬉しい効果もあります。

 

お肌に優しく敏感肌、子供にも安心の脱毛方法で実際に3歳から脱毛できるそうです。すごいですよね。
ちなみに、これらは東京のミュゼやディオーネでも採用されていますので、興味がある方は調べてみてくださいね。

 

価格はやはりお試しを除いて12回分で11万円強となるようです。これで全部の産毛がなくなればお手入れ時間も減り、お肌はつるつるになります。