顔の産毛処理はもみあげも

顔の産毛処理はもみあげも

顔の産毛処理で見落とされがちなもみあげですが、人は真正面から顔を見るよりも、他の確度から顔を見るほうが、確率が高いと思いませんか?
それなら、もみあげやフェイスラインも、顔の産毛処理をする時に処理忘れのないようにすべきではないでしょうか?

 

あなたは大丈夫ですか?顔の産毛処理をした後に、三面鏡か何かで顔全体(あご、もみあげ、フェイスライン)などをちゃんとチェックしておりますか?

 

もみあげの産毛がなくて、急に髪の毛が生えていたらおかしいですよね。顔の産毛処理をする時に、自然なもみあげにするにはどうしたらいいのでしょうか?
実は、理想のもみあげは短くて薄い、そうです。つまり、まったくないのはおかしいということですよね。

 

男性は、もみあげを伸ばして長さを変えたり、ツーブロックのヘアスタイルでしっかり剃り落したり個性を出していますよね。
つまり、男性にとっては、もみあげの処理は髭やヘアスタイルの一環として行われているようです。
ところが、女性はあまりそういう選択肢がありません。

 

でも、女性にも理想的なもみあげがあります。それは、短くて、薄い、上品なもみあげ。
「上品なもみあげ」って何?と思ってしまいますが、あるそうです。つまり、もみあげからあご、フェイスラインにかけて産毛が続いているようではNGです。
長さは、耳の真ん中あたりがベストで、それ以上長い毛は、不自然にならないように形を整えましょう。

 

濃さは、自己処理で変えることが難しいですが、短く剃り落としすぎると、生えてきたときにジョリジョリしてしまいます。
気をつけながら毛を薄くするイメージで処理しましょう。もし電気シェーバーが難しければ、長いもみあげをひっぱって、ハサミでさくさく切るのも方法です。

 

正確にはサイドの髪を、もみあげだけ残してピンでしっかりとめます。
コームでもみあげを整えます。耳の真ん中辺りで長さを決め、アイブロウなどで左右同じ場所にしるしをつけます。

 

もみあげが長い方、濃い方、癖のある方は、コームや眉毛コームなどを使い、長さや毛量を調節しながら、ハサミでカットします。
電気シェーバーで、しるしから下のムダ毛を剃ります。

 

こんな感じで、「上品なもみあげ」を完成させてください。それと同時に抑毛クリームやローションでもみ上げの毛も自然と薄くなるようにするのが良いかもしれません。

 

スキンケアで産毛を薄くするのは、ムラなどが生じにくく、とても自然に薄くなっていきます。もちろん顔専用の抑毛スキンケアクリームを探してみてください。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?