顔の産毛を剃るとニキビになるのはなぜ

顔の産毛を剃るとニキビになるのはなぜ

顔の産毛を剃るとニキビができる人がいます。それは本当です。特にお肌の弱い女性が顔の産毛を剃るとお肌のバリア機能が弱ります。
そこで、ちょっとした雑菌が手から顔に移り、傷ついた毛穴に入ってニキビを発生させるのです。

 

また、生理前の皮脂分泌が盛んなときに顔の産毛を剃ると、顔の上の皮脂が、剃る毛穴に入ったりつまったりしてニキビになります。
一方で、顔の産毛を剃ることで、化粧品が顔に浸透しやすくなって、ニキビやしわ、しみに効果的という人もいます。

 

それに、余計な古い細胞が顔の肌から落とされるので、肌のターンオーバーが促進されて、ニキビが改善されるという二面性があります。

 

どちらの意見が多数はなのかといえば、同じぐらいです。
でも剃らないで不潔感の漂う女性であるよりも、タイミングの良い時に顔の産毛を剃ってすっきりさせたほうがいいと思いませんか?
以下は剃るとどうなるのかをご紹介していきます。

 

まず、顔の上にある産毛がなくなるので、肌の色がワントーン明るくなります。
それから、毛が邪魔しないので、化粧のノリがよくなります。

 

それから、100円ショップなどで売っているかみそりを使う場合は、安いので使い棄てにしましょう。
一番いいのは顔専用の電気シェーバーで顔の産毛剃りをすることです。直接刃が顔に当たりにくいようになっていますので、ニキビの発生率は低いです。

 

もう1つ注意点としては、生理前などの皮脂分泌が盛んな時にあたらないように、週1回ぐらいのペースで剃るのがベストだといわれています。
そして、抑毛効果のあるスキンケアクリームを使って、女性ホルモン様成分(女性ホルモンと同じ働きをする成分)で薄くしていきます。

 

だんだんと効果が現れますので、電気シェーバーを使う回数が減っていくと思います。
カミソリを使っていると、肌が黒ずむと言われていますが、あれは普通のカミソリのことです。

 

普通のカミソリは顔の産毛を剃ると、肌の表面まで削りますので、紫外線に対して過敏に反応するようになります。
もちろんカミソリの摩擦にも敏感に反応してメラニン色素を生成しますので、だんだん顔色が暗くなってきます。

 

電気シェーバーも100%摩擦がないとは言えませんが、肌のターンオーバーと毛の生え変わりとスキンケアに抑毛効果があれば、黒ずみの心配は不要です。
それから、電気シェーバーを使った後でなくても、十分に睡眠をとり、肌の修復される時間を確保してあげることです。

 

いつもお肌が良い状態であれば、剃る剃らない関係なく、お肌はつるつるで、見た目も清潔感のあるものとなるはずです。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?