顔の産毛を剃る他にも・・

顔の産毛を剃る他にも・・

顔の産毛を剃るという自己処理をしている女性が働く女性の間でほとんどという結果が出ているそうです。

 

やはりあれだけ脱毛サロンが電車広告などしていても、顔だけは怖くていけないとか、何かあったら困るという女性もいるのではないでしょうか?

 

もしくは、顔の産毛を剃ることが、永久脱毛やエステサロンに行くよりも面倒でないし、費用もあまりかからないからいいという女性もいますか?
顔の産毛を剃るという選択肢以外にも、意外とたくさんの方法があります。

 

あまりおすすめできないものも含めてご紹介します。
まずはあまりおすすめできない方法ですが、脱毛ローラーというものがあります。

 

だいたいロフトや東急ハンズ、アマゾン等で。1000円程度で販売されていて、手でもつ柄と、産毛を絡めるコイル部分とが1本のローラーになっています。
これを顔の産毛のあるところに転がすと、産毛がコイル部分にからみついて、どんどん抜けていくというローラー毛抜き作戦のようなツールです。
もちろん毛抜きを連続して一度にしますので、痛いです。

 

お肌の弱い人は赤く、ぽつぽつと発疹が出る場合もありますし、痛くて途中でやめたという口コミもあります。
あとは、コイルに絡まない細い産毛が短すぎる、長すぎる産毛は残ってしまいますので、痛い思いをして、後でまた顔剃りがあり二度手間です。

 

もう1つはマッサージしながら天然素材の吸着力を活かして除毛しようとするものです。
こんにゃくスポンジや、繭玉のようなもので、数分水につけてやわらかくしてから使います。

 

お肌はクレンジングした後のスッピンの肌をなぜるようにして、肌の表面にある不要なものを取り除いてくれるそうです。
ただ、私達が不要だと思っている表皮も、顔のお肌は必要としている場合は多く、その後に、すっぴんで、外出して紫外線にさらされないようにしてください。
すぐに日焼けしたり、赤くなったり、シミやしわの原因になります。

 

次におススメの方法です。
抑毛効果のあるスキンケアクリーム「ノイス」「ネオ豆乳ローション」などの優しい成分で毛根をよわらせていく方法です。

 

これは、除毛剤のような薬剤は入っていませんので、顔の肌に負担がかかるというよりも、綺麗にしてくれる有効成分が配合されています。
つまり、お肌もきれいになって、毛穴にある毛根を女性ホルモン様成分で弱らせて、次に生えてくる毛を細くしたり、遅くしたりしてくれます。

 

脚や腕用の除毛ローションはたんぱく質を溶かす薬剤などが入っている場合もありますので、あくまでも顔専用の抑毛スキンケア製品を探してくださいね。

 

⇒産毛用のクリームについてもっと知りたい方はこちら