家庭用脱毛器って女性の口ひげにも効果ある?【自宅でバレずにこっそりと】

家庭用脱毛器で女性の口ひげにも効果ある?

女性にとって顔にあるムダ毛はできるだけ処理しておきたいものです。顔にムダ毛で気になるのが、口ひげです。

 

できれば脱毛をしてキレイにするのが良いけれども、疑問なのが、家庭用脱毛器でも処理ができるのかです。

 

では、家庭用脱毛器は女性の口ひげにも使うことができ、キレイに処理できるのでしょうか。

 

家庭用脱毛器は安全面に考慮されていて、トラブル発生しないように作られています。光の照射力は、調整できるけれども弱めに設定されているため、口やデリケートな部分でも使用することができます。

 

ただ、一つ問題があり、十分な効果が得られない可能性があります。

 

男性とは違い、女性の口ひげは薄く、産毛のようになっています。光の力で脱毛する方法は、メラニン色素が多く含まれている方が効果を発揮してくれます。

 

産毛のように白いと、十分な効果が得られず、キレイに処理できない場合もあります。
光の調整をすることにより、ある程度は処理できるけれども、十分に可能というわけではないので、違う方法を選択することも考えておかなければいけません。

 

脱毛をしようと考えているのなら、安全面を考慮して脱毛サロンやクリニックにお願いすることがオススメです。トラブル発生してから後悔しても解決しませんので、安全面を考えて検討してください。

 

 

絶対に隠したい!女性に生えるひげの現実

ひげが濃いのは男性だけの悩みではありません。女性にもひげは生えるのですが、近年濃いひげに悩む女性が増えてきているようです。女性にはひげは生えないものというのが一般的な認識ですから、ひげが濃い女性はひげを隠す方法を模索し悩んでいるのではないでしょうか。

 

もともと口の周りには毛穴が多く、細い毛が密集しています。毛穴が多いので、一度ひげが太く濃くなってしまうと表面に生えているひげを剃っても毛根が肌から透けて青ひげとなって肌に残ってしまいます。青ひげを隠さなければならないというのは、毎日のメイクがとても負担に感じるのではないでしょうか。

 

ひげが太くなり青ひげになってしまった場合、メイクで隠すのならコンシーラーや黄色系の下地で青みをカバーすることです。毛穴にしっかり入り込みよう、少量ずつ指で叩き込むのがコツです。

 

しかし、メイクで隠しても夏の暑い日などはメイクが崩れがちですし、厚めに塗ったメイクは他の部分から浮いて見えます。メイクでひげを隠し続けるのは、毛穴にメイクの油分なとが残るリスクも高くなり別の肌トラブルを起こしかねません。

 

また、太いひげが生えている毛穴は大きく開いていますので、そもそもうまくメイクが乗らないのではないでしょうか。

 

剃っても目立ってしまう女性のひげには、根本的にひげが生える原因に対して対処することが必要です。本来ひげが生えないはずの女性にひげが生えてしまうのは、ストレスや不規則な生活習慣で女性ホルモンが減少してしまうことにあります。

 

もともと女性はストレスを溜め込みがちです。仕事で重要な立場を任されたり、忙しい日々が続くと抗ストレスホルモンが分泌され、その結果男性ホルモンが刺激されます。男性ホルモンが優位な状態が作られると女性にもひげが生えてしまうのです。

 

睡眠不足も女性ホルモンが減少する原因です。ホルモンが活発に分泌されると言われている午後10時から午前2時の間に良質な睡眠が取れていないと、女性ホルモンが減少します。

 

また、偏食や過度なダイエットによる栄養不足も女性ホルモンが減少する原因です。スリムな体型になったとしても、ひげが濃くなってしまったのではあまり嬉しい結果とは言えないのではないでしょうか。

 

ひげを目立たなくするには、運動や没頭できる趣味で上手にストレスを解消し、生活習慣を整えることです。特に、食生活では女性ホルモンのエストロゲンに似た成分と言われているイソフラボンを積極的に摂りたいですね。豆乳や豆腐、味噌、納豆などを上手に取り入れた食事でひげが生える根本的な原因に働きかけることが有効です。

 

寝る前にはスマホやパソコンでの作業は控え、夜にしていた仕事は朝に回すなど、睡眠のゴールデンタイムと言われている時間に良質な睡眠が取れる生活サイクルを実現すれば女性ホルモンのバランスも整ってくるはずです。

 

メイクでひげを隠し続けるのは精神的にもストレスになります。生活習慣を整え、ストレスとも上手に付き合うことでひげの悩みも解消されるのではないでしょうか。

 

 

病院より安いクリームのフェイス脱毛

昨今、フェイス脱毛をはじめとするムダ毛処理は、女性に限らず男性も気にするケースが増えています。それ故、脱毛サロンに通う男性も少なくなく、特に若い男性が多く通っています。

 

一方、脱毛サロンに通うのに抵抗がある場合は、自己処理をしていることが多く、ムダ毛処理の方法も多種多様になっています。その中でも、コストパフォーマンスに優れ、手軽に使えるものとして脱毛クリームが挙げられます。

 

殆どの脱毛クリームにはアルカリ性の成分が含まれており、それが毛のタンパク質に作用することで脱毛させます。但し、アルカリ成分が肌に合わない場合もあるので、事前のパッチテストなどで確認する必要があります。

 

脱毛クリームのメリットとしては、毛穴の奥まで浸透して効果を発揮することです。カミソリやシェーバーでは表面だけしか処理することができず、仕上がりの肌が荒れた感じになります。

 

一方、脱毛クリームの場合は、毛の根元から脱毛できるので、肌の表面がツルツルになるわけです。また、処理の効果が長持ちする点もメリットで、毎日処理する必要がなくなります。加えて、毛先の先端が丸くなるので、チクチク感がなくなるのも魅力です。

 

何よりも、エステや病院などのフェイス脱毛に比べると、費用が格段に安くて済むので、お財布に優しいことが大きな魅力だと言えます。

 

 

鼻の下の毛を剃る時には気をつけて

鼻の下の毛を剃る時には、皮膚に負担をかけていないか、表面の角質まで削り取ってはいないかに注意しながら行わなければなりません。どんなに気をつけていても見えないくらいの小さな傷はたくさんついてしまうものなのですが、中には赤くなってヒリヒリするほどの負担をかけてしまったり、誤って切って出血してしまうこともあります。

 

顔は紫外線を受けやすいパーツでもありますので、表面に傷があるとシミのリスクが高くなります。傷があるところに紫外線を受けると肌の防御反応が働いてメラニン色素が過剰に生成されてしまいますので、なるべく安全に処理しなければなりません。

 

鼻の下の毛を剃る時にお勧めなのが、ヘッドの小さいシェーバーを利用することです。ヘッド部分が大きいと、平らでない鼻の下を処理する時に一定の部分だけに強い圧力がかかってしまいます。小さなヘッドのものなら、少しずつ処理を行うことができますので、部分的に圧力をかけ過ぎるようなこともなくなります。

 

また、剃る時にはシェービングクリームを使用することも重要です。シェービングクリームは刃と肌の間でクッションの役割を果たしますので、ダメージを与えずに処理をすることができます。

 

 

【PR】産毛対策ノイズ(noise)は楽天で購入したほうがお得!?